顔の肌をなめらかに|ヒカリの魔法で美肌が甦る|周りの肌を傷つけずにレーザーで刺青除去
レディー

ヒカリの魔法で美肌が甦る|周りの肌を傷つけずにレーザーで刺青除去

顔の肌をなめらかに

ウーマン

埋めることで除去

顔のしわが多いと、老けて見えるようになります。そのため若々しさを保つことを希望する多くの人が、美容外科でしわを除去する治療を受けています。美容外科でのしわの除去治療は、皮膚の部分的な切除や縫合など様々な方法でおこなわれています。そしてその中でも、手軽ということから特に高い人気があるのが、ヒアルロン酸やハイドロキシアパタイトの注入によって、しわを埋めるという治療です。ヒアルロン酸は肌や関節に、ハイドロキシアパタイトは骨や歯に含まれている成分です。もともと体に存在している成分なので、それらを注入しても、体が害を受けることはありません。それでいてしわは奥底の部分から埋められ、それにより肌表面はなめらかな状態になるのです。

柔らかさの違い

ヒアルロン酸とハイドロキシアパタイトは、それぞれ柔らかさが異なっています。肌や関節に含まれているヒアルロン酸の方が柔らかいので、これは主に目元の小じわを消す治療に使われています。柔らかい分、浅く細い小じわにもスムーズに入り込んでいき、隙間なく埋めることが可能となっているのです。それに対して骨や歯に含まれていることから、やや硬さのあるハイドロキシアパタイトは、ほうれい線や眉間のしわなどを埋める治療に使われています。硬いとはいってもジェル状に加工してあるので、しわの形状にあわせて柔軟に変化します。そのため、大きく湾曲しているほうれい線でも、しっかりと埋めることができるのです。これらの両方を注入すれば、大小の全てのしわが埋められることで、顔は若く見えるようになります。